社会保険労務士資格を取得することを考えている場合、どれくらいの収入が得られるかも知りたい点の一つです。通信教育課程では、先輩たちの声などを聴くことができる機会があるため、ある程度収入の目安を知ることができます。具体的な内容は通信教育講座を通じて知ることをおすすめしますが、平均的な収入がわかれば、資格取得に向けたモチベーションを高めることができます。社会保険労務士資格を持っている人が企業内で働く場合と、事務所を開設する場合の二つの事例を取り上げます。

企業内で勤務する場合、労務管理を行なう総務や人事部での勤務を行なう機会が開かれています。社会保険労務士資格を持っていることで、資格手当などの諸手当が加算されるケースが多いのが特徴です。他の従業員と比べて報酬が大幅に高くなることはありませんが、数万円ほどの手当が得られるのは大きいといえます。企業内社労士の場合、福利厚生など企業が提供する福祉を利用できるため、独立開業している社労士事務所と比較すると老後の保障が手厚いというメリットがあります。

独立開業している社労士の場合、年収は事業規模のよりまちまちです。代々地盤を受け継いできた社労士であれば、年収数千万円を得ることも珍しくありません。しかし個人開業の社労士の場合、平均的には1000万円未満のケースもあります。新規開業の場合、企業とのつながりを一から構築する必要があるためです。信頼関係が構築されると、紹介されるケースも増えるため、報酬が増えていく傾向が見られます。